スキューバダイビングのサイト

ダイビングスーツの種類

スキューバダイビング用のスーツにはどんなものがあるのかはご存じでしょうか。

まず、一般でも多くの人が知っているだろうウエットスーツ、それからウエットスーツ程知られていないが地域によってはとても重要になってくるドライスーツ。どちらもそれなりのダイバーなら誰でも知っている代表的なものです。

この2つの違いは大雑把に分けて生地、形、保温の仕組みがあり、値段も違ってきます。どちらもそれぞれの特徴を持っているので、季節によって使い分けている人が殆どです。

スーツを選ぶ際、もしご自分が通っているダイビングスクールがあるのならスタッフに相談するのが一番確実なのですが、自分なりに考えて判断していきたいと思っている方はこのページを参考にしてみて下さい。ただ暑さに強かったり逆に弱かったりなど多少なりとも個人差がでるので、明言はできるだけ避けることをご了承頂きたいです。

では、本題に入っていきます。先ほど申し上げたスーツを使う、スキューバダイビングにおける季節とは一体いつなのでしょうか?夏はウエット、冬はドライというのは想像に難くないですが、じゃあ春は?秋は?スーツ以外でも例えば、グローブを冬用に代えるのはいつごろ?フードを被る時期は?など実際に自分で選んで持っていく時に細かい落とし穴があったりします。それに嵌まらないようにする為にも、スキューバダイビングで一般的に言われている気温、水温とスーツの関係を説明していきたいと思います。

はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!